2009年03月13日

夏バテによる肌の老化

夏バテによる肌の老化


睡眠不足
夏の暑苦しく寝不足になりがちです。それに伴い代謝不良、体内バランスが崩れ、クマ、むくみ、ニキビなどの原因になります。かといって冷房を効かせ過ぎると乾燥によるダメージ、夏風邪の原因を引き起こすので、冷房は平温を保つなどして、安眠できるような対策をしてください。

食欲不振
夏の暑さにやられ食欲がなくなり、やる気が出ずコンビニなどで手軽に食事を済ませていると、栄養が偏り、肌にとって大切なビタミンやミネラル、上質のタンパク質が不足して、肌の老化を早めてしまいます。

肌も夏バテ

夏の暑さにやられて夏バテになるのは、体内だけではありません。紫外線にやられ、暑さにより汗をかき、皮脂が大量に分泌します。心身ともに夏バテにならないよう心がけるのが大切です。肌のダメージも夏のうちにケアしておかないと秋にかけてシミ、シワ、そばかすがでてくる可能性があります。若いから大丈夫と思ったら大間違い!年をとって大量にシミ、シワが発生するケースも珍しくありません。早め早めのケアが大切です。

紫外線のダメージでシミとシワ

紫外線-Aがシミ、シワの原因に
特に夏は紫外線が強く注ぐ季節です。それにより、ダメージが蓄積してシミ、シワが出来やすくなります。紫外線-Aは真皮まで到達しメラニンを大量に発生させ日焼け、酷ければシミが出来てしまいます。

ですので、外出する際は必ず日焼け止め商品を塗り防止などのUV対策された衣類も着用し、なるべく紫外線を受けないように心がけ、保湿、美容液などで出来るだけ毎日ケアを忘れずに!

冷房による乾燥、代謝不良

冷房による乾燥、代謝不良


冷房による乾燥
夏になると室内は冷房がきいているので肌が乾燥していきます。肌のテカリを気にして油取り紙を使ったり、頻繁に洗顔すると、肌に必要な油分まで失って、さらに乾燥してしまいます。
冷房のきいた環境にいる場合、保湿効果の高い美容液などで肌の乾燥を防ぎましょう。

冷房による代謝不良
冷房のきいた室内に長時間いると体が冷え血行不良を起こし、むくみ、顔のクマなどのくすみの原因になります。
特に女性は冷え性の方が多いので長袖の上着など来たり、暖かい飲み物を飲むなどして寒さ対策を行ってください。冷えすぎるのは肌だけではなく体そのものに良くないです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。