2009年03月20日

日焼けした時の応急処置

患部を冷やす
なるべく早く日焼けした部分を冷たいシャワー濡れたタオルなどで冷やしましょう。外出時などにタオルなどを持ち歩いてない場合、冷えた缶ジュース、ペットボトルなどで患部に当ててください。肌へのダメージ、痛みが和らぎます。

水分補給
日に焼けた肌はダメージを受けて乾燥してます。保湿効果の高い乳液、化粧水などで乾燥を防ぎましょう。
また、肌だけではなく体内も熱を持ち水分が不足しがちなので水、またはスポーツドリンクは水分吸収率の高いので、少しずつ飲み水分補給しましょう。

無理に皮を剥がさない
日焼けて時間が経つと皮が剥がれてきます。それを見ると剥がしたくなりますが、必要以上に取ってしうのはお勧めできません。皮が剥がれてくると言うことは、その皮膚の下に新しい皮膚が出来ようとしている事。ペリペリ剥がしていると出来かけの皮膚まで剥がれてしまう恐れがあります。そうなると抵抗力の無い皮膚が剥きだしになると言う事。剥がしたい気持ちを抑えて自然と剥がれるのを待ちましょう。

日焼けあとの即美白対策はNG
日焼けは軽い火傷です。日焼けした後に化粧水などを塗ったらヒリヒリした事はありませんか?
ビタミンCなどの刺激はダメージを受けた状態の肌に塗ると痛みを伴います。
肌の炎症が治まってから美白しましょう。
【UV対策>日焼けのあとのケアの最新記事】
posted by Яey at 04:00 | Comment(0) | UV対策>日焼けのあとのケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。